独自の治療法を持つ淀屋橋にある歯科医院。3ヶ月で違いを感じる歯科矯正

エマーブル歯科・矯正歯科クリニック

news

2月 矯正受付日のお知らせ

2019年1月29日 / 新着情報

無料矯正相談 受け付けています!!
矯正治療に興味のある方はお電話またはHPからご予約ください☆



・TEL 06-4706-8181
・HP  http://www.aimable_dental.com/

究極の歯周病の予防方法

2019年1月22日 / KSKブログ

歯周病は地味な病気です。

何が地味かというと症状が地味です。

歯周病はある程度進行するまでは無症状です。
かなり進行したとしても、
命に別条があるわけではありませんし、
虫歯のように派手な痛さがあるわけではなりません。

最終的には歯がぐらついてきて、
抜けてしまいます。

歯周病で歯を抜く場合、
虫歯の歯を抜くのに比べて、ものすごく簡単です。

場合によっては自然脱落してしまうこともあります。

ちなみに、
歯周病は地味なのですが、
それによって歯が無くなってしまうととても不便です。

普段あって当然だと思っていたけれど、
無くなってみてその大切さに気付くものってあると思うのですが、
歯はまさにそれに該当するでしょう。

症状や病気の進行が地味なので、
ついついナメテしまいがちな歯周病。

気づいた時には、いきなり歯が無くなってしまいます。

それだけに、
全く気付いていないときから
歯周病の対策をしておかなくてはいけないのです。

しかし、
そんな今後起こるに違いないとしても、
いまいちピンとこないものに対して、
対策ができるほど強い人間がいるでしょうか?


私のお勧めの歯周病対策は、

歯並びの治療です。


矯正出身だからこじつけではないか?
と思われるかもしれませんが、
いくつも根拠があります。


その根拠については、
また次回書きたいと思います。



全身健康と歯周病について

2019年1月18日 / KSKブログ

歯周病は歯の周りで起こる病気です。

しかし、その影響は体全体に及びます。

まず、最も言われているのが、
糖尿病との関係です。

糖尿病と歯周病は密接に関わっています。

そもそも糖尿病の人は免疫力が著しく低下しています。
歯周病とは細菌感染による病気ですので、
糖尿病の人は当然歯周病にかかりやすいのです。

逆に
歯周病が良くなれば、糖尿病が良くなるとも言われています。

そのような研究が結構されていますし、
それを示唆するようなデータも出ているようです。

老人になると誤嚥性肺炎というのが死因の上位に来るのですが、
歯周病の人はそれだけ口の中に細菌が多いので、
当然誤嚥性肺炎になりやすい環境と言えます。

歯周病は歯を無くしてしまう病気です。

何本歯が残っているのかが、
全身健康に影響を及ぼすデータも出ています。

たとえば、
健康寿命という言葉があります。

実際の寿命ではなく、健康で活動できる寿命です。

この健康寿命を脅かすものというと、
転倒による骨折からの寝たきり生活か、認知症です。

転倒リスクにおいても、認知症のリスクにおいても、
歯の本数が多く残っている方が圧倒的に有利なことが分かっています。

つまり、
歯が残っている方が、人生において健康な期間が長いということです。

また、
医療費についても、歯の多く残っている人の方が医療費が小さいことも分かってます。

正味の寿命においても
歯の残っている人の方が長いことが分かっています。

ということから、
歯の健康と全身の健康が密接なことは明白なのです。

それでは、
歯周病についてどうすればよいのか?

当院のお勧めの方法をまた次回ご紹介します。


歯周病の治療について

2019年1月7日 / KSKブログ

歯周病の治療についてです。

歯周病というのは、歯の周りの骨や歯茎がなくなっていく病気です。

原因は歯の周りにいる細菌です。細菌は歯にくっついている歯石にたんまりといます。
ですので、歯周病の治療というのは歯石の除去が主たるところとなります。

それでは、歯石を取ったら、骨や歯茎は回復するのか?

というと、実はあまり回復しません。
歯周病の進行は止まります。

歯周病の進行を止めたうえで、骨再生療法などもありますが、
元通りになるかというとそういうわけでもありません。

そして、小手術をする必要があり、少し大変です。

歯周病は直接命にかかわることはありませんが、
進行してしまうととても面倒な病気です。

ですので、若い時から歯周病にならない努力をしておくことが重要です。

歯周病にならない努力とは、やはり定期的に歯科医院でクリーニングするということです。
定期的とは、できれば3か月くらいがお勧めですが、
一番重要なことは継続すること。
半年でも1年でも、無理ない範囲で継続してください。

しかし、
命には別条のない歯周病のためにそんな努力はなあ・・・

と思われるかもしれません。

私は直接命に関わらないと言っています。

実は間接的には関わっています。


それについてはまた次回書きます。

2019年1月 矯正受付日のお知らせ

2018年12月29日 / 新着情報

無料矯正相談 受け付けています!!
矯正治療に興味のある方はお電話またはHPからご予約ください☆



・TEL 06-4706-8181
・HP  http://www.aimable_dental.com/

歯周病とは何なのか?

2018年12月25日 / KSKブログ

歯周病という病気は、
よく耳にするとは思いますが、
一体何なのかはよく分からないのではないでしょうか?

口の中にはたくさんの細菌がいます。
いたからと言って、悪いわけではありません。
細菌と共存することが大切です。

その細菌たち、
生き残るためには口の中は最適な場所です。

しかし、
ひとたび口の中から出てしまうと死んでしまいます。

ということは、
生き残るためには口の中に何としてでもへばり付いていたいのです。

そのために、
細菌たちは歯垢というものを形成して、歯の歯茎近くにくっつきます。

その細菌たちは、肉を食べます。もちろん歯肉も食べに行きます。
口を通る食べ物の肉は細菌も食べることができますが、歯肉は食べれません。

なぜかというと、歯肉には免疫力が備わっているからです。

免疫力が備わっているからと言って、
常に最近の攻撃にさらされているのは、歯肉としては大変です。
歯肉は何とか攻撃されないように努力します。

その努力というのは、撤退することです。

歯から周りの歯肉や、骨が撤退していきます。
つまり、歯を支えている地面が無くなっていくのです。

その過程で痛みなどの症状はありません。
ある日歯の支えが無くなってグラグラしていることに気づきます。

それを歯周病と言います。

あまり重度の歯周病となると、
腫れたり、痛みがあったりします。

そして、
最終的には抜け落ちてしまいます。

歯の特殊な環境が歯周病という病気を生みますが、
逆に歯周病で歯が抜け落ちるおかげで、
骨が腐るリスクを無くしてくれているともいえます。

一見不便そうに見えますが、理にかなったシステムとも言えます。

歯周病は治療できるのか?

また、次回書きたいと思います。

なぜ歯は虫歯になるのか?

2018年12月19日 / KSKブログ

歯の中の神経は、
歯の中心部にのみ存在し、歯の表面にはありません。

何故かというと、表面に神経があると咬むと痛いからです。

血液が通っているところは、免疫力が働き、
細菌が寄り付くことができません。

歯の表面には血液が通っていないので、歯は虫歯になってしまいます。

通常人体の中の神経は体の奥にあり、
そう簡単に細菌が神経まで到達することはできません。

だから、いきなり神経が細菌に攻撃されていたくなることはありませんし、
神経が腐ってくることもありません。

歯に関しては免疫力がない部分を突破したらいきなり神経です。

ですので、
歯にだけは神経が直接痛いという鬼のように痛い症状があるのです。

そうして神経が細菌に侵されると、
腐ってきます。

神経がいきなり腐るというのも歯以外はあり得ません。

歯は骨の中に埋まっており、
腐った神経にいる細菌たちは、容易に骨に侵入することができるようになります。

骨に簡単に細菌の侵入を許してしまうのも歯からしかありえません。

さすがに骨の中の血液は豊富なので、
歯の神経はすぐに腐ってしまいますが、
骨が腐ることは普通ありません。

腐る代わりに免疫力が頑張って防御してくれるからです。

免疫力の防御反応を炎症と呼びます。

ただ、炎症の程度は大きく、とてつもない激痛を伴うことになります。
そして、こんなに顔が腫れるのか?
と思うくらい大きく腫れることがあります。

歯の特別な構造ゆえに、
他の場所ではありえない痛みとなることがあるのです。

次回は歯周病についても書きたいと思います。

歯は粘膜の一部

2018年12月14日 / KSKブログ

白骨死体が発見されたら、
骨と歯しか残っていないと思います。

それを見ると歯と骨はよく似た色をしていて、硬さも似ていて、
同じように見えるかもしれません。

しかし、
実際は全然違います。

生きている生物の骨がむき出しになっていることはありません。

通常肉の中に埋まっており、
骨には神経も血管も通っています。

だから、骨がむき出しになっていたら痛いですし、
出血もします。大けがです。

一方歯は、食べ物を粉砕するための器官ですので、
肉の中に埋まっていては機能しません。

親知らずとかは肉や骨の中によく埋まっていますが、
機能していないので抜いたほうが良いですよねとなります。

通常歯はむき出しになっています。

もし、歯が骨の一部であったとしたら、
メチャクチャ痛くて咬むなんてことはできません。

胎児の時に細胞が分化していって、体を形成していきますが、
歯は粘膜の細胞から作られることが分かっています。

つまり、歯は消化器官の一部であり、骨ではないのです。

ところが、
粘膜の表面に歯がくっついていても、
歯を支えている部分が柔らかければ、
上下の歯で咬んだとしても、
強い力をかけることができません。

歯をしっかりと支えるために、
歯が骨に埋まっている必要があるのです。

だから、歯は粘膜の一部にもかかわらず、
骨の中に埋まっているのです。

その構造は、
食べるうえで非常に有利な半面、
口の中に炎症を作りやすい原因ともなっています。

その理由はまた次書きます。
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  次のページ

pageup